第33回将棋ペンクラブ大賞

2021年7月17日(土)に第33回将棋ペンクラブ大賞最終選考会を行い、以下の作品に賞を贈ることになりましたので発表いたします。

将棋ペンクラブ大賞贈呈式の開催は、現在のところ未定です。開催・非開催にかかわらず、決定次第、ご案内させていただきます。

「受賞のことば」および最終選考会での詳細な選考過程・討議内容については、9月発行の将棋ペンクラブ会報秋号に掲載されます。

観戦記部門

大賞

椎名龍一 「第78期名人戦七番勝負第1局」 豊島将之-渡辺明 (毎日新聞)

優秀賞

上地隆蔵 「第10期女流王座戦五番勝負第1局」 里見香奈-西山朋佳 (日本経済新聞)

文芸部門

大賞

樋口薫 『受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基』 (東京新聞)

優秀賞

奥泉光 『死神の棋譜』 (新潮社)

技術部門

大賞

あらきっぺ(荒木隆) 『現代将棋を読み解く7つの理論』 (マイナビ出版)

優秀賞

高野秀行、岡部敬史、 さくらはな。 『「初段になれるかな」大会議』 (扶桑社)

特別賞

株式会社 文藝春秋

多くの「観る将棋ファン」に喜ばれ支持された以下の雑誌・書籍の出版・コンテンツの提供を行ったことに対して。

  • Sports Graphic Number 1010号 藤井聡太と将棋の天才。
  • Sports Graphic Number 1018号 藤井聡太と将棋の冒険。
  • 文春オンライン 「観る将棋、読む将棋」
  • 文春ムック 『文春将棋 読む将棋2021』
  • 文春ムック 『阿川佐和子のこの棋士に会いたい』
  • オール讀物2021年2月号 「将棋」を読む
  • 週刊文春 連載「師匠はつらいよ」(杉本昌隆八段)の企画立案

最終選考委員

木村晋介(弁護士・作家)、西上心太(文芸評論家)、所司和晴(棋士)